なんという偶然

毎年生きがいにしているap bank fesを断ってまで、今年は秦君の大阪の公開放送をとりました。

したら今年はap fesが中止だって。

なんというかすごいな。行けない子には本当申し訳ないけど…神様どうも有難う。

去年からあのフェスになんか神がかり的なものを感じてしまう。ちょっと宗教くさいけど。

いくつもいくつも重なって偶然が起こります。

またそれは次の機会で。。

で!で!正直フェスどころではないです私。明日出発だよー!どうしよう。

耳栓OK!アイマスクOK!準備万端★

しかも18時まで仕事をしているという事態。この台風真っ只中に。

夜までに雨は止むそうだからバスは動くでしょう。なんか楽しいなぁハプニング続きで。

この際だからとことん一人旅楽しんできます。

写真撮っちゃうよー知らない人に頼んじゃうよー。

大阪の皆さん、、お手柔らかにお願いします。行って来ます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今からでも遅くない

今日六本木のミッドタウンに、写真家HABUさんのスライドトークショーに行きました。

HABUさんは空の写真を撮る写真家で、27歳のときサラリーマンをドロップアウトして

写真家になった勇気ある人。

そして私が学生時代、初めて一人で写真展に行くきっかけとなった人。

今日は80枚もの写真を、スライドで一枚一枚見せてくれた。

なんとも言えない本当にステキな一時間だった。

あーやっぱりこの人が撮る写真だからこういう温かいものが撮れるんだって。

押し付けがましくない話し方・かざらない服装・ちょっと可愛らしい性格。

とっても魅力的な人だった。

そのあと同じ会場で『PHOTO IS 1万人の写真展』っていうのも見たんだけど。

もう何度も何度も涙が出そうで必死に堪えるのが大変だった。

今の私のキャパシティーではとてもじゃないけど抱えきれないくらい

撮った人の想いの詰まった写真の数々で。それが1万人分。。

子供。花。闘病中の御婆ちゃん。雪景色。別れた彼氏。

写真の下に書いてあるコメントもめちゃくちゃ良いのです。それを読んでまた涙。

なんでも被写体になるし、なんでも記録になる。

学生時代写真部に入ればよかった。もっともっと写真撮ればよかった。

後悔の念と、でも、これから始まりそうなワクワク感で私の心はいっぱいになった。

ガソリン満タンって感じ。

よし、、写真始めよう。HABUさんも言ってた。失敗を沢山しなさいって。やるぞ。

この写真展、これから全国をまわるので是非是非行ってみてください。

損はしないと思う。むしろちょっと人生観変わるかも。ここに実際一人いますので。

【フジフィルム一万人の写真展】http://photo-is.jp/about/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よし!決めた!

7/16

大阪初上陸。

初めての一人旅。

初めての夜行バス。

エコノミー症候群になんてなってたまるか。

待ってろ大阪。

なんで喧嘩口調なんだ…

それだけ不安てことです。

今から高速バスに乗る心構えが載ってるサイトもチェック済み。構えすぎ。

秦君が大阪に行くというので私も行きます。

多分もうこんなに近くで見れるチャンスは確実に減っていくから。今しかない。

いい歳してバカだなぁって思う自分もいる。7割くらい。

でもきっと若い自分の良い思い出として刻まれる気がするから。大袈裟だけど。

初期衝動で動けない最近の自分に嫌気がさしてたから良い機会だよ。そう信じよう。

あー関西弁の兄ちゃんに絡まれませんように。

たこ焼き食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒサビサ

かなり久し振りの更新。

このまま辞めてしまおうかと思ったりしたけど、辞めたって誰も困らないけど、

でも記録だからね。自分のために続けよう。

今週のこと。

夜中いきなり目が覚めて眠れなくなった。そういうときはテレビをつけるんだけど。

ちょうどFACTORYをやってて。何年ぶり?っていうくらい久し振りに見た。

なかなか良いバンドばかりでした。monobrightしかりsuperflyしかりBaseballBearも。

サンボマスターで思わず泣いてしまった。

なんか全身全霊で音楽をやってるって感じで、言ってることもなんか熱くて、

夜中だからなんか自分も感情的になっちゃってて

『やっぱり音楽って、、ライブって良いな、、』ってしみじみ浸っちゃった。

ドラマも映画も演劇も素晴らしいけど、私はライブって心に一番響くんだよなぁ。

そこにいるお客さんが本当に心から嬉しそうな顔してるし、性別も年代も関係なく。

ダイブしたあと普通に歩いて帰る男の子の姿も夜中だとなんだか笑えて。

お前良いぞーって♪

結局めざにゅーまで起きてました。

杉崎美香って言うほどそんなに可愛いか…?と思いながら。

男と女の可愛いの定義ってちがうよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのこと

久し振りに会った友達から「なんかさらに薄くなったね」って言われた。

褒め言葉のようで全く褒められてないよなー。

自分でも最近痩せ過ぎかもと思う。

一月の餅つき大会の日に比べると7㌔近く違うもん…。半年でその差はすごいね。

餅つき大会ってとこがミソで、その日は一気に2㌔太ったから。

餅の威力をなめたらいけません。

でも今体が軽くてスゴイ楽なんだよなー。

一度痩せると太るのが怖くなる。太りだすと全然平気なんだけど。

最近食に対して興味がなくって。でも納豆とか体に良いものは食べてるつもりです。

うーん、とりあえず仕事の面接の結果がまだ来なくて…それが気になっちゃって。

じらされてるなぁ。 ここ2、3日生きた心地がしてません。

そんなところにまた秦君の観覧当選メールが 笑。

もうなんなの 怖いよ。運使い果たしてる気がする。

でも今日は外に出たとき、気持ちの良い風が吹いてました。

良しとしよーか★

明日も良い風吹きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペシャ

またまた秦君を見に行ってしまった。番組観覧に当たったのです。

秦君関連、全勝です。怖いくらい当たります。でもきっと今のうちだけだ。

座りトークしてる姿を至近距離でまじまじと見た訳だけど。

いや実にフツウ。話してる姿は至って普通の青年だった。

でもやっぱり落ち着いてたなー。動じない。全く緊張してないように見えた。

生ライブもあり、シンクロと僕ら~の2曲でした。

ま、そうだろうと予想はしていた。まさかテレビで青い蝶は出来んよね。

ピエール瀧さんのボケをちゃんと拾って、乗っかっている姿に

『あーあなたはどこまでも貪欲なのね。』と母心で見つめていました。

CM中に、若い子が「秦君こっち向け!きゃははー」って言ってる姿に

彼女たちに変わって心の中で謝りました。

『秦君ゴメンなさい若さゆえなの。許して下さい。』

確かに私も女子高生のとき大げさじゃなく一番偉いくらいに思ってた、自分たちのことを。

なにをしても女子高生ブランドが守ってくれている気がしたし。

無知って怖いけど、ちょっと、ほんのちょっとだけ彼女達が羨ましかったな。

最後に秦君含め皆で写真を撮った。そのうちHPに載るらしい。。

誰かにかぶって私が写ってないことを祈ります。

でもこういうのに限って半目でばっちり写ってたりするんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理解されたい

ここ一週間のうちに、私を取り巻く環境が一変した。

なんか頭がこんがらがって、、てんやわんやで、追いついていけないや。

まさか連絡が来るとは思ってなかった。

要は仕事のことです。面接に行ってきました。

そして、大人二人にことごとく打ちのめされた。

帰りの電車で自分のあまりの不甲斐無さに泣けてきて。

スーツを着てるいつもは近付くのを敬遠してしまうオジサン達。

あんたら格好良いよ、素敵だよ、と涙目で熱い視線を送ってしまった。

泣き疲れていつの間にか寝る、という子供みたいなことも久し振りにした。

もう次の日のブサイク顔ったらないですよ。思わず伊達メガネ。必死に瞼の腫れを隠す。

なんであんなに泣いたんだろうってよく考えた。

私という人物をちょっと違うふうに捉えられてしまって、腑に落ちない部分が多かった。

私が自分を上手く説明できなかったせいなんだけど。。

これからの自分というものをアピールしたくて行ったけど

面接官の方には、過去の自分を根掘り葉掘りもう掘れないぞってくらい次々に聞かれた。

初めの日記にも書いたけど、

私は自分のことを理解されなくてもしょうがないっていうあきらめがいつもどこかにあって、

でも今回受けた会社は本当に行きたくて全部さらけ出そうとしたけど結果上手くいかなかった。

悔しいなぁ。。もう一度だけチャンスが欲しい。

6/6までの連絡で私の今後の人生が決まるんだ。あ、『鱗』の発売日。奇遇だね。

でも久し振りだったよこんな気持ち。

結果がダメなのは分かっていても、不完全燃焼だからその社名を今後耳にしたらトラウマになってしまいそう。

んー甘いな自分。大人になるってタイヘンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしよし

ちょっとこっちに良い風吹いてきてるぞ。

秦君のライブにまた当たったし

最近体重減って体が軽いし

今日は試写会で面白い映画見れたし(内容は言えないけど、キョンキョンが出てた☆)

明日は近所に個展を見に行くし

先週ライオンキング観に行って感動できたし

先々週は日比谷公園に行ってリフレッシュしたし

あとは

えっと‥

ないかな。

でも誰かが言う「小さなことからコツコツと…」って妙に納得しちゃう。

積み重なればきっと厚みのある人間になれる気がするんだ。

最近そう気付いて何に対してもアンテナを張るようにしてる。

じゃないと、どんどん自分の世界が狭まってく気がしちゃって。

なので、私のアンテナに引っ掛かったものを少しづつここで紹介していきたいと思います。

誰も見てないであろうこのブログで。

そこからまた新たな何かに出会えますように‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかみ

見た目で判断されるのって悲しいこと。

だから芸能人なんて本当に大変だと思う。

実際「浜崎あゆみ」を嫌ってる人は私の周りに多い。

それは興味がない分 情報を鵜呑みにしてるからだろう。

秋葉系がキモい」と言う友人。

「でもアレだけ熱中できるものがあるって羨ましいし、

私だって音楽に対してオタクみたいなもんだよ」 と反論したことがある。

偽善者かな?

あゆの歌は好みじゃないから聞かないけど、

あれだけ第一線で活躍して今でもカリスマ性があるって

並大抵の努力じゃ済まないと思う。

わがままに思われてるけどそれは周りが作った環境だし。

きっと完璧主義だから相手にも厳しいけど、自分にもかなり厳しいと思うんだ。

前にライブのリハ映像を見たとき普段テレビに出てるあゆとの違いにかなり驚いた。

振付を教えると次の日までには必ず覚えてくるって言ってたし。

スタッフが彼女のために何かしてあげたいって思うんだって。

それって凄い。

たまたま見たブログに、ライブでつくった青あざだらけのあゆのひざ小僧が写ってて。

絶対そういうところ見せないよなー。プロ根性だなー。

あれ そんなつもりなかったのに、、あゆのことを褒める日記になってるや。

高校時代

「掲示板に張ってあるポスターの女の子に似てるって他のクラスの女子が言ってたよ」

って友達が教えてくれた。

予備校か何かの、制服姿の女の子が鞄を両手で抱えて立っている写真。

それを聞いたとき

「げー!私こんなぶりっ子に映ってるんだ…」って相当ショックを受けた。

今どき両手で鞄は持たんでしょ~って。

なんか怖くなってそんな自分を払拭したくて

文化祭の打ち上げでカラオケに行った時

タバコを友達にもらって男子の前で吸った。  ううん ふかした。。

イメージ通りになんかいかないぞ と。

どうぞ嫌って。 悪い噂でもどんどん流してくれって。

アホなことをしたなー 今思えば。

今でも

何年生?」って歳相応には見られないし

お酒が飲めないって言うと「あー弱そうだよね」と言われ。

初対面の人にゆずが好きと言ったら「好きそ~っ」って言われたこともあった。

大人になるにつれ本当の自分を見せるって勇気がいるし 怖いし。

この歳になるといろいろと守りに入るよね」 が友達との口癖になってる。

いかんいかん。。

外見はどうしようもないから

中身をちゃんと知ろうとしてくれる方とお付き合いしたいです、男女問わず。

その前に自分を磨かないとだな。

うん、結論出た★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔う

先週スペシャ主催のライブに行ってきました。

*出演* オトナモード superfly 

あとは 秦君です。

会場の女子 ほぼ秦君目当であります。きっと。

秦君登場したら一気に見にくいのなんのって。

この身長を嘆かずにはいられない。

一曲目は『青い蝶』でした。

3ヶ月前この場所で初めて聴いたのがこの曲だったんだよなぁ。

何度見ても 生の歌の迫力に圧倒させられる。

本当に凄いよ 秦坊。

そして何といっても

プール』がとってもステキな歌詞でした。

ステキとしか言えない自分の語彙の貧弱さに呆れるけど。

また映画や小説を読んでるような幻想的な歌詞だった。

本当才能あるなー。

頭が良いっていうのはもちろん、読書量がすごいんじゃないかな。

見習わなきゃ。オススメの本とかあったら聞きたいなー。

そんで

MC…  スゴイ★

前はボソボソっと話す印象だったけど、

今や すっかりホームで伸び伸びしてる感じでした(^-^)

内容は

確か『鱗』のPVの撮影のこと。

日本に2台しかないカメラで

「ババババ」ってフラッシュバックのように映る水滴を撮影したそうです。

たしかにあれは印象的な画。

で、ギターを持たず一生懸命歌ってる自分の姿を

後ろに気持ち悪い人がいるんですけど」って言ってた。    何回も。

照れ隠しなのだろうなー。

可愛いな。

いやーでも、見る度に成長していく秦君の姿とか(MC)

すごい勢いで増えていくファンの数を 初めて体感してます 私。

今まで人気が出た後にファンになる人ばかりだったから。

そして今日のタイトルは『秦に酔う』の意ですが、実際本当に酔った ( >_< )

前の日は楽しみで寝不足…

当日は時間なくて朝からろくに食事も取らず…行ったので、

軽い貧血になってトリのsuperflyのときには気持ち悪かった。

スピーカーからドラムの音が胸にズンズン響いて

そのたび ウっっっ て。

下向いて手拍子も出来ず。ノリ悪い。

superflyは鳴り物入りでメジャーデビューして、いろんなとこでプッシュされて

そんなにすごいのか?ってちょっと思ってたけど

彼女 すーんごい声量。地響きみたいな声だった。

お客さんを巻き込むパフォーマンスの才能もあるなーと思った。

ライブ後、秦君の関係者の方が

「『鱗』で泣いてる人結構いたみたいだね」って言ってるのが聞こえました。

えーえーそうでしょうとも~ 

『それでいいはずなんだ』って歌われたら

泣いていいはずなんですよー 迷わず泣きますとも。

私は『青い蝶』で一人泣いたけど。

つたないレポート 失礼しました★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«伝える気持ち